• 軽減税率の対象及び消費税等の税率
     消費税及び地方消費税(以下「消費税等」といいます。)の税率は、令和元年10月1日に、それまでの8%(うち地方消費税率は1.7%)から10%(うち地方消費税率は2.2%)に引き上げられました。
     また、これと同時に、10%への税率引き上げに伴い、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に、消費税の軽減税率制度が実施されています。
     軽減税率制度の実施に伴い、令和元年10月1日からの消費税等の税率は、以下のとおり、標準税率(10%)と軽減税率(8%)の複数税率となりました。
    適用時期 令和元年10月1日から (参考)令和元年
    9月30日まで
    区分 標準税率 軽減税率
    消費税率 7.8% 6.24% 6.3%
    地方消費税率 2.2%
    (消費税額の22/78)
    1.76%
    (消費税額の22/78)
    1.7%
    (消費税額の17/63)
    合計 10.0% 8.0% 8.0%

    (注)消費税等の軽減税率は、税率引上げ前と同じ8%ですが、消費税率(6.3%→6.24%)と地方消費税率(1.7%→1.76%)の割合が異なります。

  • 区分記載請求書等保存方式
     軽減税率制度の実施に伴い、消費税等の税率が標準税率(10%)と軽減税率(8%)の複数税率になりましたので、事業者は、消費税等の申告等を行うために、取引等を税率ごとに区分して記帳するなどの経理(以下「区分経理」といいます。)を行う必要があります。
     また、軽減税率制度の実施前も消費税に仕入税額控除を適用するためには、帳簿及び請求書等の保存が要件とされていましたが、令和元年10月1日以降は、こうした区分経理に対応した帳簿及び請求書等(区分記載請求書等)の保存が要件となっています(区分記載請求書等保存方式)。
  • 軽減税率の対象品目や税率、仕入税額控除の方式の変更等の制度のあらましを分かりやすく説明しています。

税額計算

知ってほしい!消費税のこと。暮らしのこと。

(政府広報オンラインのキャンペーンサイトに移動します。)


消費税の軽減税率制度

(政府広報オンラインの消費税の軽減税率制度の特集ページに移動します。)


ティ゚菘箙ムネヒウノヘユセヤレマ゚ケロソエ,チスミヤホ醴ケエフシ、ミヤハモニオ,7723モーハモエネォヤレマ゚ケロソエ